1. TOP
  2. 中年男だからこそ知っておくべき、最安コストで肌がきれいになる方法

中年男だからこそ知っておくべき、最安コストで肌がきれいになる方法

美容
この記事は約 9 分で読めます。 826 Views

乳液って何に使うものか知ってますか?

知っているという人に聞きます。
乳液を使ったことはありますか?

以上の質問にYESが2つで答える男性は
意外に少ないのではないでしょうか。

この質問は女性にとっては常識で、
NOと答える人を探す方が困難でしょう。

乳液は肌を保護するスキンケア用品です。

このように男性と女性では
スキンケアに対する意識の高さに
大きなギャップがあります。

女性は、男であるあなたの肌質も
実はちゃんとチェックしているんです。

大丈夫ですか?

今回は、男でもやるべき
肌をきれいにする方法をお教えします、
しかもコストは最安レベルです。

男でも、30代40代なら、スキンケアは大事

まず、
どうして男でもスキンケアが必要なのか?

その疑問をクリアにしておきましょう。

まず1つ目の理由が、
女性ウケをよくするためです。

女性が素敵だと感じる男の要素について
アンケートを取った際の上位3要素が以下です

・仕事がデキる
・気遣いが細やか
見た目が若々しい

仕事がデキる、気遣いが細やかなどの
人間の中身に対する意見と並んで
若々しい見た目が上がっています。

女性は男の見た目に若々しさを求めています、
そして、女性は他人の肌に対して
厳しい目を持っている。

なので、30代~40代になって
肌の衰えが見え始めたら、
男でもスキンケアは必要なんです。

2つ目の理由は
自分の健康状態を把握するためです。

仕事などで過度なストレスがかかった際、
顔に吹き出物ができたりしませんでしたか?

それは、体が不調を訴えているサインです、
吹き出物に限らず、様々な肌荒れは
食生活や睡眠不足などに対して
体が何らかの改善を求めているんです。

日々のスキンケアは
無頓着となりがちな体の健康状態を
把握するうえでも有意義な習慣です。

男の肌の年代別特徴

男と女では、
肌の性質が異なります。
そして男でも年代によって
肌の性質が変化しています。

男の肌の特徴を年代別にあげてみました。

20代男の肌の特徴

・皮脂の分泌量が多い
・顔がテカリやすい
・ニキビができやすい
・肌の水分量が多い

30代男の肌の特徴

・皮脂の分泌量が低下
・肌の乾燥によるかゆみ
・コラーゲン量が低下
・シワやたるみが出始める

40代男の肌の特徴

・皮脂の分泌量が少ない
・肌の新陳代謝が落ちる
・肌がくすみ始める
・シワやたるみが顕著になる

以上、年代別男の肌の特徴です。
年齢を重ねるごとに
肌の状態は悪化しているので、
スキンケアの必要性も高まります。

スキンケアの基本

男でスキンケアをしている人は
まだ少数派ではないでしょうか。

私もスキンケアを意識し始めたのは、
40代目前の30代終盤になってからです。

はじめは、
化粧水が何に使うものなのか?
乳液とは何なのか?
そんな基本的なことも知りませんでした。

そんな人、実は多いと思います。
スキンケアで知っておくべき
基本的常識から見ていきましょう。

スキンケアの最大の目的は保湿

スキンケアの唯一と言ってもいい
最大の目的は肌の保湿です。

肌を保湿することで
過剰な皮脂分泌によるニキビやテカリ、
乾燥によるひび割れやくすみなど
様々な肌トラブルを未然に防ぐことが出来ます

ただ、注意して欲しいのは、
ニキビなど既に発生した肌トラブルを
治療するためのものではないということ。

肌トラブルの治療については皮膚科で
診てもらうことが確実です。

スキンケアの基本は3ステップ

スキンケアの基本となる3ステップの手順とは

ステップ1 洗顔
ステップ2 潤す
ステップ3 保護する

以上の3ステップです。

各ステップの具体的な方法については
次章で説明致しますが、

肌を潤すのに使うのが化粧水で、
肌を保護するのに使うのが乳液、
ということだけは基本として
おさえておいて下さい。

ちなみに化粧水と乳液が1本にまとまっている
化粧品もありますが、おすすめはしません。

なぜなら、
基本3ステップの保湿してから保護するという
ステップがごっちゃになってしまうからです。

ここで手間を惜しんでしまうのは、
効果を考えるともったいないです。

肌は寝ている間に生まれ変わる

スキンケアと併せて気をつけたいのが、
睡眠です。

肌を構成する細胞は日々成長し、
肌は1ヶ月程度かけて生まれ変わります。

そして、その肌の新陳代謝が活発になるのが
寝ている間なんです。

スキンケアにより
肌のコンディションを整えながら
良質な睡眠をとって新しい肌を育てることが
若々しい肌を保つためには必要なんです。

良質な睡眠をとれてないと思ったら、
以下の記事を参考にしてみて下さい。

疲れの取れ方が劇的に変わる!深い眠りにつくためのたった4つの方法

スキンケアの方法

では、スキンケアの基本3ステップの
具体的な方法について説明していきます。

ステップ1 洗顔

洗顔については
既に行っていると思いますが、
洗顔方法に注意点があります。

洗顔に熱いお湯は使わないで下さい。
熱いお湯で洗うと必要以上に皮脂を落とし
結果的に皮脂の分泌量を増やしてしまいます。

あと、洗顔料はしっかり泡立ててから
使うようにして下さい。
泡立てることで肌との摩擦が減り
肌への刺激を抑えることができます。

手順は以下のとおりです。

①顔全体をぬるま湯で濡らす
②洗顔料をしっかり泡立てる
③皮脂の多い額から鼻にかけて泡をつける
④顔全体に泡をつける
⑤泡で肌を擦るように洗う
⑥ぬるま湯で顔をすすぐ

ステップ2 潤す

洗顔より後のステップ2からは、
男なら未経験の方も多いと思います。

潤すのステップでは、
化粧水を洗顔後の顔につけることで
皮脂が洗い落とされた顔に潤いをあたえます。

潤す際の注意点としては、
洗顔後できるだけ早く化粧水をつけて下さい
時間を開けると過剰な皮脂が分泌される
恐れがあります。

あと、化粧水をつける際は、
こすったり、たたいたりしないで下さい
こすっても、たたいても肌への浸透率は
変わりませんので余計な刺激は抑えるべきです

手順は以下のとおりです。

①化粧水を手にとる(10円玉くらい)
②顔の中心から外に向けて化粧水をなじませる
③目元、目尻、口元、小鼻を指でもれがないようになじませる
④フェイスラインを両手で包み込むようにしてなじませる

ステップ3 保護する

最後のステップは保護するです。

保護するのステップでは、
顔になじんだ化粧水の上から
乳液をつけることで化粧水の乾燥を防ぎ
顔の潤い状態を保護します。

保護する際の注意点としては、
皮脂分泌が多い額や鼻に乳液をつけると
過剰な脂分によってテカリの原因となる
恐れがあるので額や鼻を避けてつけましょう。

手順は以下のとおりです。

①乳液を手にとる(10円玉くらい)
②両手に乳液をなじませて人肌に温める
③皮膚の薄い目元、口元につける
④頬全体につける
⑤フェイスラインを両手で包み込むようにしてなじませる

おすすめ最安値のスキンケア

スキンケアの基本3ステップを行うのに
必要なのが、洗顔料、化粧水、乳液の3つです

洗顔料については既に使っているものを
そのまま使って頂ければOKです。

化粧水、乳液については、
まだ使用したことがない人であれば、
おすすめしたい商品があります。

無印良品の化粧水と乳液です。

おすすめするポイントは、
何と言っても、そのコストパフォーマンス!

内容量はどちらも50mlで
化粧水が税込¥300円、
乳液が税込¥260円です。

1本で1ヶ月は十分使えます。

化粧品メーカーの化粧水などは、
100ml~200mlで
¥3000~¥5000円くらいしますので、
無印良品のコストパフォーマンスは
際立っています。

おすすめする理由は価格だけではなく、
今まで化粧水や乳液を使っていなかったならば
充分効果を実感できるからです。

高価な化粧水や乳液はその効果を実感してから
探してみても遅くはないと思いますし、
無印良品はいい判断基準になると思います。

無印良品はロハコモールでネット購入できます
化粧水、乳液は容量が増えてさらにお得♪
化粧水が200mlで¥700円
乳液が200mlで¥780円です。

 

私も使ってます無印良品

私も無印良品の化粧水、乳液の愛用者です。

スキンケアを始めてみようと思った際、
どの化粧水や乳液がいいのか
全く分からなかったので、
手頃なものから始めてみようと思ったのが
使い始めたきっかけです。

価格も価格なので、
あまり期待していなかったのですが、
いい意味で期待を裏切られました。

私の場合、朝起きて鏡で自分の顔見ると
唇の下からアゴにかけての部分の
肌がカサカサになっていて
白く粉を吹いたようになってました。

それが、
無印良品の化粧水と乳液を
入浴後に使い始めてから、
朝になってもアゴの肌が
カサカサにならず滑らかです♪

さらに驚いたのが、
顔に塗った後に余った化粧水や乳液を
手になじませていたのですが、
それまでハンドクリームやオロナインでも
なかなか改善しなかった
手の甲のひび割れやあかぎれが
1週間ほどで改善したんです。

どうでしょう?
40歳のおっさんにしては、
まあまあキレイな手になってませんか。

ザラザラしていた肌の手触りも
スベスベになりました。

化粧水と乳液を使う前は、
全体に赤くなっていて、
ヒビがはっきり分かるほど酷かったんです。
写真を残しておけばよかったです。

 

まとめ

最安のスキンケア、
いかがでしたか?

おすすめの化粧水と乳液なら
価格的な負担がとても少ないので、
とりあえずで、試してみてはいかがでしょう。

日々のアンチエイジングケアは
後々効いてきます。

将来の体への先行投資して
コストを抑えたスキンケアは
とてもいい案件だと思います♪

 

肌にとって乾燥と同じくらいの大敵は紫外線!
紫外線対策はこの記事が参考になります

\ SNSでシェアしよう! /

antim アンティム 男のアンチエイジングの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

antim アンティム 男のアンチエイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

アンティム編集部

アンティム編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 仕事がデキる男と仕事がデキない男の違いとは?

  • デキる男の必需品 高級ボールペン ブランドランキング大発表!

  • この道具を使ってリンパマッサージしたらリンパの流れが劇的に改善!

  • 高級腕時計はメンテナンスが肝心!メンテナンス種類別コストを調査

関連記事

  • 疲れが取れない原因は眠りの質です!深い眠りにつくたった4つの方法

  • セレブも愛飲するシリカ水!大人気フィジーウォーターの効果と効能!

  • ストレスホルモン ”コルチゾール”とは?その作用は?減らすには?

  • 30代40代は深剃りより優しさ!肌のことを考えるならシェーバーはこれ!

  • スーパードクターも毎日摂っている亜麻仁オイルの簡単レシピを紹介!

  • 髭脱毛で後悔したくないあなたへ、ヒゲ脱毛体験レポート報告