1. TOP
  2. 知っている人だけが効率的に痩せている!ダイエットのプロテイン活用法

知っている人だけが効率的に痩せている!ダイエットのプロテイン活用法

フィットネス
この記事は約 6 分で読めます。 991 Views

筋トレをしている人には、
プロテインを摂ることは、
もはや常識

でも、ダイエットをしている人には
あまり馴染みのないものかもしれません。

筋肉をキレイに見せるためには
余分な脂肪は邪魔でしかありません。

つまり、
筋トレをしている人の最大の目的は、
自分の体を美しくすることなので、
そのような方々が脂肪を付けるような
ものを摂取するはずがありません。

プロテインの摂取目的は、
脂肪を抑えつつ、キレイな体を作ること、

これって、
ダイエットと全く同じ目的ではありませんか、

今回は、
ダイエットや減量を目的とした
プロテインの活用方法について
調査したいと思います。

プロテインとは?

まずはじめに、
そもそもプロテインとは何か?
をクリアにしておきましょう。

プロテインとは、
日本語でタンパク質のことを言い、
タンパク質を多く含む食品から作られています

原料としては、
大豆、卵、牛乳などが挙げられます。

タンパク質は筋肉を作る上で
必要な栄養素となり、
アスリートや筋肉を増やしたいという方が
摂取していることが多いです。

最近ではダイエット目的で
摂取する方も増えてきています。

筋肉を増やすことで代謝が高まるため、
痩せにくい身体を手に入れることができます。

筋肉だけでなく、骨や皮膚、血管を
作るためには必要となる栄養素のため、
人が生きていくためには欠かせない栄養素の
一つとなっています。

主にドラッグストアで購入することができますが
大きなスーパーでも販売していることがあり、
手軽に入手できるものとなっています。

プロテインの種類

プロテインには種類があり、
店頭で見たという方はわかるかと思いますが、
カゼインプロテイン、
ホエイプロテイン、
ソイプロテインの
主に3種類が存在します。

カゼインプロテインは
牛乳を原料として作られており、
動物性タンパク質となります。

80パーセントが牛乳のタンパク質となり、
体の中で時間をかけて吸収されていくのが
特徴となります。

ゆっくりと消化されていくため、
ダイエットに有効なプロテインとなります。

ホエイプロテインも牛乳が原料となり、
20パーセントは牛乳のタンパク質となります。

他の成分としては、
ラクトグロブリンやラクトアルブミンなどが
あります。

カゼインプロテインよりも
牛乳のタンパク質が少ないため、
吸収が早くなっています。

ソイプロテインは原料が大豆となり、
植物性タンパク質となります。

こちらもカゼインプロテインと同じく
ゆっくりと吸収されて、
腹持ちも良くダイエットに適したプロテインと
なっています。

ソイプロテインが
一番ダイエットに適しているため、
ダイエット目的の方は
ソイプロテインを購入されたほうが
良いでしょう。

プロテインの効果

プロテインの効果としては、
摂取するのと同時に
有酸素運動を行うことによって、
効率良く筋肉をつけることが
できるということです。

運動を行わずに
プロテインだけを摂取される方もいますが、
摂取するだけでは
筋肉量が増えることはありません。

運動と併用して行うことで
筋肉量を増やすことができるので、
プロテインの摂取だけをしているという方は、
簡単な運動も始めていくようにしましょう。

筋肉をつけることで、代謝も高まり、
体に蓄積した体脂肪も落としやすくなります。

タンパク質を食事から摂取するためには、
肉や魚、卵を中心に食べていきますが、
プロテインと違い余分な脂質も
摂取してしまうため、
減量が目的であれば
プロテインを摂取したほうが良いと
言われています。

ダイエットなどの痩せる効果だけでなく、
タンパク質は骨や血管の原料ともなるため、
健康にも効果があり、
健康を目的としている方にも
プロテインはおすすめされています。

他にも髪の毛や肌の原料ともなり、
美容効果もあるとされています。

そのため、
綺麗な髪の毛や肌を手に入れたいという方も
プロテインの摂取を検討されてみるのも
良いでしょう。

また、ホエイプロテインには
ラクトフェリンと呼ばれる成分も含まれており、
こちらもしみやしわを防ぐ美容効果があると
言われています。

プロテインを摂るタイミング

筋肉を効率よく増やしたいと考えている方は
プロテインを飲むタイミングについて
有酸素運動前と有酸素運動後とで
どちらが良いのか悩んだことがあるでしょう。

摂取するタイミングとして適しているのは
運動後の45分以内となります。

運動した後は筋肉が消耗し、
栄養を求めている状態となります。
この時にプロテインを摂取することによって、
筋肉に送られるタンパク質量が増え、
効率よく筋肉が増えていくことになります。

45分以内に摂取したほうが良い理由としては、
タンパク質同化作用が45分以内までが
ピークとなるためです。

タンパク質同化作用とは、
タンパク質が体に同化して筋肉に変わる作用の
こととなります。

運動後に摂取するプロテインの種類としては、
吸収の早いホエイプロテインが
推奨されているので、
筋肉を増やしたい方はホエイプロテインを
摂取するようにしていきましょう。

運動後以外にも、寝る前に飲むことで
タンパク質の吸収率を高めることができます。

睡眠をしている時には
成長ホルモンが分泌されますが、
この成長ホルモンにはタンパク質の吸収を
促進させる効果があるためとなります。

眠る直前にプロテインを飲んでしまうと
胃に負担となるため眠る前の1時間前を目安に
プロテインを摂取していきましょう。

プロテイン摂取時の注意点

プロテインの注意点としては、
摂取しすぎてしまうことで
健康に害を及ぼす怖れがあるという点です。

過剰摂取によって引き起こされることとしては
腸内環境の乱れとなります。

動物性タンパク質は
悪玉菌を増やしてしまう原因となり、
悪玉菌が増えてしまうことによって
腸のトラブルが引き起こされやすくなります。

また、
タンパク質を過剰摂取してしまうことによって
内臓に大きな負荷がかかり恐れがあります。

タンパク質を摂取して、
過剰なものは窒素に分解され
アンモニアに変化します。

これらを排出するためには
肝臓や腎臓に負荷をかけることになり、
普段よりも内臓を酷使してしまうため、
健康にはよろしくありません。

これらを引き起こさないためにも、
一日のタンパク質の摂取量を
計算していくようにしましょう。

まとめ

いかかでしたか?
プロテインがダイエットにも
効果的な食品であることが
理解頂けましたでしょうか。

ぜひ、
今まで活用されていなかった方も
これを機に、ダイエット、減量活動に
取り入れを検討してみては
いかがでしょうか。

 

今話題のライザップのプログラムが
なんと自宅で出来ちゃう!
運動から食事まで徹底サポート
高タンパク、低糖質のドリンクもついてます♪

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

antim アンティム 男のアンチエイジングの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

antim アンティム 男のアンチエイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

アンティム編集部

アンティム編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 仕事がデキる男と仕事がデキない男の違いとは?

  • デキる男の必需品 高級ボールペン ブランドランキング大発表!

  • この道具を使ってリンパマッサージしたらリンパの流れが劇的に改善!

  • 高級腕時計はメンテナンスが肝心!メンテナンス種類別コストを調査

関連記事

  • 夏バテにいい料理はこれだ!おすすめ激旨メニュー15選

  • 体を劣化させない!お酒別ローカロリーでヘルシーなおつまみ15選

  • 無理なく皮下脂肪を燃焼!コストパフォーマンス最強の有酸素運動は?

  • しつこいコリがたった5分でスッキリ!筋膜リリースの効果とやり方

  • したばらがぽっこりの中年太りを解消する たった4つのチェックと対策

  • この道具を使ってリンパマッサージしたらリンパの流れが劇的に改善!